『会社員の哲学 増補版』

2021年に発表し、ご好評いただいた哲学風エッセイが新書サイズになって帰ってくる。 読みやすさを向上させる改訂や、一章ぶんの増補を加え、より親しみやすい一冊になりました。 「会社員」というありふれているようでどうにも特異…

並走する日記本『差異と重複』

※現在品切れ、増刷未定。あとは各書店にある限りです。 並走する二つの日記。  停滞と変容の諸相。  どうでもよくない、代わり映えしない毎日。 2021年と2022年の日記が並走する大きな日記の本。 図…

2022.12.21

放置しかけているニュースレターを準備しようと思い立ち、この時期なので今年の活動をまとめてみようと思って列挙してみる。ZINE が二冊に寄稿が三本、イベント登壇やラジオが三件。ぼちぼちやったなあ、と感心する。特に寄稿はやっ…

はじめに ──町でいちばんの素人宣言

『会社員の哲学 増補版』の序文を公開します。 ■ 自宅で静かに考える時間が増え、なにかしら手を動かしたいとうずうずしやすいパンデミック下、一介のケチな会社員として、賃労働やそれをベースとして組み立てられた資本主義という制…

新刊『あまり読めない日々』

4月にあたらしい日記の本を出します。 4月10日(日)に下北沢で開催される日記祭が初お披露目です。順次各書店さんにも並べていただける予定。タイトルは『あまり読めない日々』。 最高にかわいい装画はイタガキユウスケさん。 と…