2024.05.18

神保町ブックフリマが開催されているさなか、読書人隣での物販。Ryotaさんから『群像一年分の一年』を預かる。黄色くて目立つ販促用のポップまで用意していて、これは売れちゃうな、と思う。昼過ぎにまた来てくれるとのことなので、…

2024.05.17

午前中に郵便局に『二人のデカメロン』の郵送に出かけ、午後の隙間時間に明日の荷造りを済ませる。文学フリマは在庫を送り込みしてあるが、神保町ブックフリマは手持ち。読書人隣の催しは便乗企画とあるから正確にはブックフリマとは関係…

2024.05.16

柏のキネマ旬報シアターに出かけていく。 チケットを買って、向かいの中華屋で日替わり定食。『悪は存在しない』を観る。先日住本さんから話題を振られたが、詳細は伏せたままお話ししてくれたのでなんだかんだで事前情報をほとんど入れ…

2024.05.15

奥さんが友人を招いて冬単の千穐楽を見届ける会。僕は残業で一幕の途中からの参加だったけれど、今作は劇場で観ることに特化した演出が冴えていたから、映像で記憶を上書きするよりも画面の外の構図を補うように眺めるほかない。繰り返し…

2024.05.14

二度寝しちゃう。ねぼすけだなという日でも九時には起きているからすごい。九時が早起きで、ねぼすけといえば十一時だったのだから。今日は十時半までごろごろしていた。文芸誌を片付けていく。ようやく『新潮』を抜けた。量が多かった。…

2024.05.13

出勤するさいにどこを探してもAirPods が見当たらない。有識者会議の待ち合わせ前にも景気付けに音楽を聴いていたからそこまではあった。電車の中で耳を塞げないのも、現在進行中のテープ起こしが滞るのもきつい。めろん先生や電…

2024.05.12

朝は意外に早起きできたのでシャワー浴びてコーヒー淹れて余裕綽々。アップルパイまでトーストして食べた。おかげで遅刻気味に神保町。非哲学者による非哲学者のための哲学入門読書会。今期の課題本はしんどかった。四ヶ月も付き合う意義…

2024.05.11

賃労働終えて新宿の紀伊國屋書店でカハタレの稲垣さんと待ち合わせ。二階の新刊コーナーで合流して、町屋良平の小説の魅力を伝えていたら可愛らしい人に声をかけられる。美容院で髪を切りたての奥さんで、見せびらかしに来てくれたとのこ…

2024.05.10

ネギが採れるようになったから大事にコツコツ溜め込んでいて、カビゴンに新しいカレーを食べさせるのを楽しみにしていたのだけど、朝にうっかり必要なハーブを使ってしまったばっかりにお昼に画面を開いてみると食材が足りない、メンバー…

2024.05.09

きょうは休みだったので本腰を入れて『新潮』に取り掛かる。一二〇周年ということでやたらに豪華な布陣。連載などは休載でひたすら短編小説と随筆が並ぶ。おそらく年長者から年少者へという順番で、これは周年の重みを寄稿者の年齢にまで…