2023.01.21

ひとに仕事を教えていると、どんな簡単なことであれ「自分にはできない」と思い込んでいると本当にできないというか、作業の手順を学習することを無意識に拒絶してしまうものだというのがよくわかる。

思慮深く自身の能力を低めに見積もるまじめな人よりも、根拠のない自信でなんでもやってみちゃう軽薄な人のほうがじっさいに仕事が「できて」しまう。

「できる/できない」という個々の能力差というのはそんなになくて、「やる/やれない」という自己への信頼だとか「やれる」という思い込みの量の差のほうが重要な気がするのだが、ここで気をつけなきゃいけないのは、問題が「やる/やれない」にあるとしても、個々人のやる気の問題として責任を個人にだけ求めるのは悪手だということだ。「やらない」のでなく、「やれない」と書いたのは、そもそも人が「自分はやれる」という屈託なく思い込めるかどうかは、本人の力ではどうしようもない、環境や運によって決まるものだからだ。

「なんでやらないんだ」とイラつくのもわかるけど、その憤りをそのままぶつけてしまうと相手は余計に「やはり自分にはできない」という確信を強めてしまう。

どうしたら「あ、自分やれるな〜」と思えるようになるか。やってみないとやれるようにならないのだから、やってみるしかなくて、「やれない」モードの人にはとにかく「やれるかやれないか分かんないよね〜、やれなくても全然構わないから、何回かやってみて欲しいし、やるをやってみることそのものがすでに一個の大成功!」ということを何度も伝え、じっさい失敗しても責められないのだと信用してもらえるよう工夫するほかないんじゃないだろうか。

僕はそのように仕事を覚えさせて欲しかったよ。やってもやんなくても「なんでだ!」と追求され、自分の「やれる感」がどんどん削られていくなか、それでもめげずにやり続けられる人だけが「やれる人」になってく仕組み、怖くて嫌じゃん。

溺れないようにもがいてたら泳げるようになってた、みたいな生存者バイアスで、「やれる感」の格差を拡大再生産させるのをやめて、多くの人が「とりあえずやってみる感じでもいいんだ」と安心できて、やってるうちにできるようになり、結果「やれる感」を獲得できるようなお手伝いができたらいいね。教える側も余裕ねえんだけどさ、より生きやすい場を開拓するための痩せ我慢は、たまたま生き延びてしまった側が引き受けるべき役割だ。

そんなふうに自分に言い聞かせながら、「め、め、め、めんどくせ〜〜〜〜〜〜」と大きな声で叫び机を叩き周りの同僚を萎縮させて過ごした。

柿内正午(かきない・しょうご)会社員。プルーストを毎日読んで毎日書いた日記を本にした『プルーストを読む生活』、「家」の別のやり方を模索するZINE『ZINE アカミミ』などを制作。Podcast「ポイエティークRADIO」も毎週月曜配信中。