2024.07.04

十時まで寝る。コーヒー豆の定期便が届く。グラノーラで朝食。食べ終えてからまだ冷凍の今川焼きがあったことに気がつく。しまったことだった。しかしまいばすけっとのプライベートブランドはよくない。この今川焼きもほとんど小麦粉であ…

2024.07.03

昨晩は夕食のあとむにゃむにゃと寝転がってそのまま寝てしまったから、合計で十時間は寝たのではないか。快晴。ひりつくような陽射し。行きの電車で『テスカトリポカ』を読み終える。血煙のなかに蜃気楼のように浮かぶ水上都市の盛衰。突…

2024.07.02

労働に身が入らずガスや電気の解約手続きやらを進める。次第にタスクが片付いていくのは気分がよく、夢中でぷちぷち潰していく。確実に潰していけるタスクがあると、不確定な仕事、タスクをでっちあげていくところから始めなくてはいけな…

2024.07.01

八時きっかりに工事が始まるので目が覚めるのだが、すこしすると一度音が止むのでそこで二度寝してしまい結果的に寝坊するようになった。 行き帰りの電車では『テスカトリポカ』。FGOで知ってるやつだ!と思いながらすいすい読める。…

2024.06.30

連日引っ越しの荷造りに追われ、本棚も空にしたから読むものもろくにない。施主チェックに向かう電車で久しぶりに文庫本を開いた。『『百年の孤独』を代わりに読む』。僕が読めない時も誰かが読んでいる。献辞の「あなた」が、本屋へ走る…

2024.06.29

ひたすら段ボールに物を詰めていく。細々とした住所不定のものどもをひとまずまとめていく作業は存外くたびれる。作業用BGM として淡々と『ほんとにあった!呪いのビデオ』を流し続ける。菊池宣秀が行方不明になってしまった。安否が…

2024.06.28

天気極悪。すぐ近くで解体工事も始まり、重苦しい曇天の下で破壊の音が絶え間ない。亀を洗いついでにベランダから覗き込むと建物があっさりと瓦礫に変わっていく様が確認できた。面白くてたびたび覗く。 きのうから『ほんとにあった!呪…

2024.06.27

行き慣れぬ町の駅前の本屋で『百年の孤独』と『テスカポリトカ』の文庫を買い、銀行で言われるがままに大きなお金を右から左に動かすと多額の借金を背負わされていた。分割しての手続きだったのできょうは二度目で慣れたものだった。これ…

2024.06.26

午前中は用事がないので出社を午後からにしてたっぷり眠る。慌てずに朝食を摂り、シャワーも浴びたし私用のメールも返した。休養のためにとつい丸一日空けてしまいがちだが、だいたい夕方くらいには暇疲れでぐったりしてしまう。こうやっ…