2021.02.18(2-p.16)

コーヒー豆を切らしていて、カフェインで気力を入れることができなかった。気力がないのでいつも買いに行くコーヒースタンドまで歩く気にならず、そもそも外に出たくなかったが奥さんとお昼を買いに行くという名目でなんとか出れた。駅前…

2021.02.17(2-p.16)

こうして毎日書くと言う習慣のいいところは、日々の悲しみを大事に溜め込むことなくさっさと文字として外在化できることで、きのうの便器の話なんかは放っておいたら一生の傷になりかねないが書くことですぐに笑い話になる。書いたものを…

2021.02.16(2-p.16)

結婚してから四年だか五年。二人とも指のサイズが変わった。奥さんの薬指はふっくらとして、僕はますます細くなるようだった。最近は奥さんの指が窮屈そうで、僕らは毎晩お風呂上がりに指輪交換をするのだけれど入らなくなることも多くな…

2021.02.15(2-p.16)

気圧が980を下回る。僕も奥さんも平気なわけがなかった。僕はもうずっと布団に引きこもっていて、『史上最大の革命』を二章読んで、ついにヴィルヘルム2世が退位する。みすずが読めるから僕はまだ大丈夫、と思う。後手後手に回り続け…

2021.02.14(2-p.16)

昨晩の地震はお風呂の中で、子供のころ体全体で浴槽の水を左右に揺らしてざっぷんざっぷん波立てて遊んだことを思い出した。お湯が勿体無いと叱られた。とにかく怖かった。服というのはいろいろなものを守っているのだな、と思う。昼前ま…

2021.02.13(2-p.16)

昼にゴンドアの周年イベントを見に表参道まで出て、出たからにはハブモアに行こうと思ったら移転準備中で元あった場所はがらんとしていた。お腹が空いてしまったので慌てて入ったタイ料理屋のカレーはほぼココナッツミルクで、辛さよりも…

2021.02.12(2-p.16)

『Fate EXTRA』と『CCC』が駿河屋から届いた。駿河屋からは何度か遅れちゃってごめん、本当にごめん、みたいなメールが届いていたけれど、そんなに急がなくてもいいのに、と僕は思った。たしかにPSP の起動確認のために…

2021.02.11(2-p.16)

『史上最大の革命』をゆっくり読んでいる。一息に二〇ページとか進めるような本を読む時、僕の中の田中龍之介がこう言う。読めるまで読めば読める。しかし歴史は、一冊では足りなくて、何冊も何冊も暗中模索状態で読んでいって、だんだん…

2021.02.10(2-p.16)

犬養道子『本 起源と役割をさぐる』は、青木さんの日誌で知ったのだったと思い出した。犬養道子はもともと香山哲の「ビルド選書」で知った『お嬢さん放浪記』がよかった。この新書は八〇代の犬養道子が書いた。すぐに脇道に逸れ、脱線に…

2021.02.09(2-p.16)

すごいことを知ってしまったので教えてあげます。人は、大きく出るが人は、足の裏を冷やすのはよくない! 僕はきのうから「まぐろ漁船の靴下」という名前からしてあったかそうな靴下を履いていて、ざっくり編まれているから暖かでありな…