2021.10.05(2-p.166)

午前中に『Fate/EXTELLA Celebration BOX』が届く。中古でやけに安かったので状態は期待していなかったのだけれどかなり良好で、「えくすてらっち」もワダアルコ先生の額装された美麗な絵も無事だったし、DLCコードまで有効なまま付いてきた。お得な買い物をしてしまった。午前中は賃労働もそこそこに『Fate/EXTELLA』で遊ぶ。なんとなくここまで敬遠してきたのは無双みたいなやつということで、無双といえばあまりシナリオもなくとにかく薙ぎ倒すやつというイメージがPS2の『三國無双3』しか馴染みのない僕としては根強く──ゼルダ無双もやったけどほとんど奥さんが遊んでいた──、だから文字少ないならいいか、と思っていたのだけれど、型月で文字が少ないわけなかった。文字読みの合間にちょっと無双する感じで、大変良い。なによりネロちゃまがたくさん喋る!しかもフルボイス!『EXTRA』の続きみたいなものだから初めから岸波白野にデレデレで可愛い!なんだかんだで奏者に安心して依存し切っているネロちゃまが一番幸せそうだから、白野には末長く健康でいてほしい。白野とネロちゃまがとにかくずっとイチャイチャしてくれていれば僕は満足だった。推しには幸せになってほしいし、幸せにするのは観客にすぎないプレイヤーではもちろんない、というのが僕の推し観で、僕が同人を書くなら夢小説ではなくローマ転生した白野が歴史改変してネロちゃま治世のローマが繁栄の絶頂を迎える話を描くだろう。はー、買ってよかった。ネロちゃまと一緒にエリちゃんを待つ。エリちゃんも出てきた。これが伯爵令嬢というやつなら、僕は伯爵令嬢って好きだな。FGO でもオルガマリーさんが好きだし、なによりゴッフが最高に可愛い。ゴッフは伯爵令嬢。

午後は仕事をしながら夜のおしゃべりに備えてゾンビ映画をチェックしていた。『ゾンビの中心で、愛を叫ぶ』と『リトル・モンスターズ』の二本立て。一作目で面白かったのは情報源がトランプのSNSだったことで、この話は夜したかったけれどしそびれた。イ・ランの戯曲を想起するような筋書きで、割と好みではあったがなんだかすっきりしない。もっと面白くできたなあ、と思う。後者は爽快でウェルメイドな傑作。かなり好きだったので休日にしっかり観返したい。

夕食後はRyotaさんと録音。ゾンビ談義で大いに盛り上がる。夢中になりすぎてタイムキープを忘れ一時間半くらい喋ってしまったかも。容赦なく作品名を連打し、すべて拾ってもらえるものだから嬉しくて、ゾンビ映画に詳しくない人が聴くとなにもわからない回になっているんじゃないかと思う。けれどももともとコンテクストの共有から始めるみたいな親切は放棄しているポッドキャストなので、わかるひとだけわかればいい。ファスト映画や五分でわかるナントカみたいな親切さに中指を立てる不親切の極北は、隣の席でやけに盛り上がってるわけのわからない部室の雑談みたいなのをそのまま編集もせずに出すことだ、と嘯き続けるつもり。楽しみたかったら、自分でここまでのコンテクストを身につけておいで、というような。親切ではないが排他的でもなく、むしろ人懐こく、こっちにきてくれることを期待してはいる、みたいな塩梅。教育の義務は感じないが、勉強の必要は信じている、そういう塩梅。とにかく超楽しかった。録音後の雑談も楽しく、うすうす気がついてはいたけれどずいぶん近い界隈にいたらしいことがわかって会話が同窓会じみる。いいエピソードをたくさん聴かせてもらった。またやりましょう! と興奮気味に通話を終え、シャワーを浴びて日記を書いている。

柿内正午(かきない・しょうご)会社員。プルーストを毎日読んで毎日書いた日記を本にした『プルーストを読む生活』、「家」の別のやり方を模索するZINE『ZINE アカミミ』などを制作。Podcast「ポイエティークRADIO」も毎週月曜配信中。