制作物のまとめ

詳細はそれぞれのリンク先をご確認ください。画像、キャプションどちらからも飛べます。

2023.01.28

『City Lives』二話、擬似ドキュメンタリーの一人称的カメラから、ドラマの三人称的カメラへと移行させていく処理の仕方が丁寧だった。まず冒頭でこれまでの視点を担っていたスタッフの姿を映す。そこから段階的に挿入される三…

2023.01.27

「誰からも大事にされてないなー」みたいな環境のなかでくたびれきって、体力や気力に余裕がないとき、他人へのちょっとした親切って明確に「減るもの」になる。たとえば電車の席を譲るとか、次の人のためにトイレットペーパーを替えてお…

2023.01.26

立川までの道のりはいつも緊張する。遠いし、電車がよく止まるから。きょうもどうなることかと思ったが、ちゃんと余裕をもって到着することができた。車内で『映画原作派のためのアダプテーション入門』を読み終える。PTA のピンチョ…

2023.01.25

じぶんの日記の校正をごりごりに進め、息抜きやご褒美として本を読む。『「趣味に生きる」の文化論 シリアスレジャーから考える』が終わってしまって、『〈世界史〉の哲学 近代篇1』ももうすこし。 日記の校正はどうも気が重くてなか…

2023.01.24

日記の校正を21年の8月まで進めたかったが、7月までが精一杯だった。『阿波連さんははかれない』を読み出してしまって、ほとんどの時間これを読んで過ごしてしまったからだ。阿波連さんもライドウくんもかわいくていい子。石川と佐藤…

2023.01.23

明日から木曜にかけて大寒波がくる。先週の頭くらいからそのように予報されていて、じっさい今になっても覆っていないからそうなのだろう。今晩から気圧も急転直下で、頭もうまく働かない。きのう『日本文学盛衰史』を観に出かける前に、…

2023.01.22

青年団の『日本文学盛衰史』を観て、そのまま吉祥寺の近くに住む友達と立ち食い寿司でひょいひょい飲み食いしたあと行きつけだというバーで飲む。ぺろんぺろんではっぴー。

2023.01.21

ひとに仕事を教えていると、どんな簡単なことであれ「自分にはできない」と思い込んでいると本当にできないというか、作業の手順を学習することを無意識に拒絶してしまうものだというのがよくわかる。 思慮深く自身の能力を低めに見積も…

2023.01.20

日記本を作るとなると、校正のために暇があれば自分の日記を読んでいるわけで、21年の僕はずっと悲壮感があって、ユーモアがなくてつらい。僕は追い詰められると可笑しさのつもりで小難しいことを捏ねくりまわしだすのだが、なにが言い…

2023.01.19

最後の──そのつもりだがどうなるかはわからない──日記本の準備をしている。2021年の日記。ネロちゃまに狂っていて、話が長えし論旨がこんがらがっていて読みづらいことこの上ない。自分は推しへの情念にめちゃくちゃにされて言語…