2020.12.24(1-p.365)

気圧がずっと下がり続ける日。盛大に寝坊してびっくりした。同居人も寝坊しかけたらしい。奥さんはしれっと布団の中で出勤していた。えらい。

昼間にりくろーおじさんが届く。うちのサンタさんはりくろーおじさん。初めて食べた。ふわふわだった。温めるとふわふわ過ぎて食べた気がしないので僕は冷たいのが好きだった。夕方に実家からON READING で買った本と実家の本棚からくすねた本とが届く。クリスマスのお菓子も同封してくれている。カードのメッセージにくすりとする。さらにはカーペットまで届く。ニトリもサンタだったらしい。

勤務の合間に『負債論』。暴力の歴史に頭が痛くなってくるというかふつうに頭が痛くて昼寝する。二〇分のつもりが一時間になった。FGO のクリスマスはとにかく時間を溶かせば溶かすほどたくさんアイテムがもらえるという遊びで、僕はいま22箱目くらいだ。グレーバーとFGO にうつつを抜かしていたら、具合悪そうだから私に構ってくれないのはまだいい、でも、そんなに具合悪そうなくせに分厚い本としかめ面しながらずっとイチャイチャしてるのは許し難い、と奥さんが悲しそうな顔をした。グレーバーは勤務中以外読んじゃダメ! と言われてしまう。

柿内正午(かきない・しょうご)会社員。プルーストを毎日読んで毎日書いた日記を本にした『プルーストを読む生活』、「家」の別のやり方を模索するZINE『ZINE アカミミ』などを制作。Podcast「ポイエティークRADIO」も毎週月曜配信中。