2021.03.28(2-p.53)

熟睡しているとインターホンが鳴って、ぐずぐずと起き出して出る。荷物を受け取るとき、配達の人にお休みの日に早くからすいません、と言われてしまうくらい寝起きの緩慢な動きと布団との親和性の高い身なりのまま扉を開ける。今日は雨だったけれど奥さんが当選した舞台の払い込みをしないといけないということで、払い込みができるローソンに行くためだけに隣町まで出かけて行った。家から出る用事があるのはいいことで、ついでにお気に入りのお店でランチすることにして楽しみだった。駅に着くなりざっと本降りになって、タイミングがよかった。あとすこし遅かったらもう嫌になっていただろう。ローソンで用事を済まして、すでに雨は弱まっていた。お気に入りのお店はちょうどよく空いていて、麻婆豆腐と海鮮炊き込みご飯。前者が僕で、後者が奥さん。麻婆豆腐はもともとのお気に入りだったのだけど、奥さんの頼んだものがかなり美味しそうだった。一口もらったが美味しかった。お店のお兄さんの接客はいつも気持ちがよく爽やかで、夫妻揃ってすっかり顔を覚えられているのでいつだか妹を連れてお店に行ったとき、お兄さんは、すわ浮気か、と顔を曇らせるのを隠せなかった。妹だと分かった時の安心した笑顔が忘れられない。すっかりお腹がいっぱいで晴れたので歩いて帰った。眠たくて横になりながら、録音を行い、それからはひたすら塔を登ったり、石を集めたり、それでも白ネロはこなかったり、虚無の顔でFGO をひたすらポチポチしていて、なんという一日だったのか。そういえば本も読んでいない。夕方からは刀剣乱舞の配信を観て、怪我は完治したのか主役の人の殺陣がちゃんとあった。よかった、と思う。

明日はどうやって生きようかなあ、と考えてうまくイメージできず、そもそも今月はすでにお金を使いすぎている。お金をなるべく使わず、しかしなんだか遠くまで来たような気持ちになれるような遊びというのはないものか。奥さんは私は集中して勉強したいからどっか泊まっておいでよ、とそそのかしてくれるが、繰り返すが今月の出費はもうこれ以上は厳しいところまで来ている。お金を使わないと遊べないのか、と思うとかなりがっかりするから、明日までに遊び方を考えておかないと、と焦っている。

柿内正午(かきない・しょうご)会社員。プルーストを毎日読んで毎日書いた日記を本にした『プルーストを読む生活』、「家」の別のやり方を模索するZINE『ZINE アカミミ』などを制作。Podcast「ポイエティークRADIO」も毎週月曜配信中。